ロデオカラコンはキャストモールド製法だから薄い

ロデオカラコンを買うにあたり、気になるのがつけ心地。
でも付け心地は口コミでどう言われていようと、自分にどうかは付けてみないことには分かりません。
つけ心地に影響するのはベースカーブだったりレンズサイズなども関係してきますから、同じレンズをつけても、人によって合う合わないが出てしまうのは仕方ありません。

他に影響するのは製法です。
サンドイッチ製法、セミモールド製法、キャストモールド製法などがありますが、それぞれレンズの分厚さも違いますから、つけ心地に違いが出ます。

ロデオカラコンの場合は、「キャストモールド製法」です。
韓国カラコンの多くはサンドイッチ製法といって、着色部分を2枚のレンズで挟み込むタイプです。
着色部分が目に直接触れないので安全性が高いとも言われています。

では、キャストモールド製法とはどういうものでしょうか。
レンズの基となる素材と着色量を先に混ぜてからレンズを製造するんです。
そのため、柔らかく薄くなるんです。

そう聞くと、つけ心地も良さそうに思うかもしれませんし、より優れている感じは受けますが、そうとも言えないこともあります。

レンズが薄いと取り扱いを丁寧にしないと破れやすいこともあるでしょう。

いろんな意見がありますから、絶対この製法が良いというのは分かりませんが、ロデオカラコンのつけ心地が良いという口コミが多いのは確かです。

ロデオカラコンはベースカーブにも気をつける

つけ心地の話が出たので少し補足的内容です。
ロデオカラコンを付けるにあたり、自分の目についてどれほど知っているかは重要です。
最近はネット通販でいくらでもカラコンを購入できますが、眼科にも行かず、自分の目のことを知ろうとせず購入するのは非常に危険です。
本来、コンタクトレンズを処方できるのは医師だけですが、度ありレンズ、つまり視力を矯正するタイプであっても、医師の処方箋なしで購入できてしまうことに問題があるのかもしれません。
例えば、ベースカーブについてですが、これはスペックでBCと書かれていることもありますが、必ずそれぞれのカラコンのベースカーブの数値が載っているはずです。
例えば、ピンキーデビルウルトラビッグだったら8.9mm、ピンキーデビルワンデーなら8.6mmというふうにです。
ロデオカラコンの場合は8.6mmから8.9mmの間ですが、ほとんどのカラコンはだいたいその範囲内に入っています。

これは角膜のカーブ度合いであり、人により違います。
つまり、自分の目のベースカーブが分からないと、これを選ぶことが出来ません。
ソフトコンタクトは少しくらい誤差があっても大丈夫というブログでの書き込みを見かけますが、事実は分かりませんが、そのような無責任な言葉を信用しないほうが懸命です。
2択で、自分にぴったりのベースカーブのレンズを選ぶか、少しくらい違っててもいいかで選ぶとまず前者を選ぶでしょう。
しかし、眼科に行かなくて済む言い訳として、少しくらい違っても大丈夫という説が出てきたのかもしれません。

つけ心地がどうかというのは、試さないと分かりませんが、最低限、ベースカーブを合わせることや、キャストモールド製法というものがどういうものかは知っておきたいところです。

関連記事

ロデオカラコンが買えるGLAMの評判は?

ロデオカラコンが売ってるサイト「GLAM」。 GLAMのことをみなさんがどれほど知ってるか分かりま

ロデオカラコンを1年使うために何をすればいい?

ロデオカラコンはピンキーデビルワンデーを除き、あとは使用期限が最長1年です。 ポイントは最長で1年

ロデオカラコンに1day出たので1年と2種類です

カラコンに使用期限があるのは知ってますよね? 消費期限とも違います。 開封してからどのくらい

PAGE TOP ↑